ニコラスエドワーズの優勝は妥当だったのか?【2014秋】 - のどじまんザワールドにはまってしまった私

おすすめ商品

ニコラスエドワーズの優勝は妥当だったのか?【2014秋】

のどじまんTHEワールド2014秋はニコラスエドワーズが久しぶりかつ最多記録となる3度目の優勝を飾りました。
ニコラスエドワーズはイケメンで歌も確かにうまいので女性を中心に人気がありますよね。
twitterやブログなどでも「nyk」とか「ニック」と呼ばれて盛り上がっていますし、ほぼ毎回出場していますがここ最近は思うような結果が出ていませんでしたから、ニコラス本人にとってもファンにとっても喜ばしい結果だったと思います。


しかし、個人的にはちょっと引っかかる部分があるんですよね。
私もニコラスエドワーズの歌は好きですが、2014秋の結果は手放しでは喜べませんでした。


ニコラスのパフォーマンスについて


2014秋におけるニコラスエドワーズのパフォーマンスはここ最近の中でも一番と言えるほどの出来だったと思いました。

一つの要因は選曲ですね。
予選曲はWANDSの「もっと強く抱きしめたなら」でした。
選曲に関しては本人の希望で決められるのか、番組側からリクエストのようなものがあるのかわかりませんが、最近のニコラスの選曲には「なぜこの曲を選んだ?」と思うようなものが多かったのは事実です。
ニコラスの声質やキーに合う曲でなければ、彼の良さは出ないと思うからです。
事実、今までもニコラスのパフォーマンスに関する感想は選曲によって大きく変わっていましたからね。

ただ今回の予選曲を見た時に、「これは期待できるかも?」と感じました。
あくまで個人的な意見ですが、この曲ならニコラスの良さが出るだろうと思ったからです。
そして採点結果は394点(400点満点中)でトップ通過という最高の結果でした。
私も彼の歌を聴いて期待通りの出来だと感じましたので、この結果に何の不満もありません。


そして決勝では玉置浩二のメロディーを歌い397点とこちらも決勝進出メンバー中1位となり、見事優勝を飾ったわけですが、私の評価では予選よりもパフォーマンスは悪かったかなと感じました。

2位に終わったテン・ブン・ソン・ジェレミーが平井堅「瞳をとじて」で395点の2位に終わりましたが、決勝だけのパフォーマンスならジェレミーのほうが上という評価でしたね。

ただ、感性に関しては個人差があるのでジェレミーとニコラスの2点差くらいの差なら起こり得るかなというブレの範囲の中だと思います。



一番引っかかるのがメジャーデビューしているという点


上で書いたようにパフォーマンスに関しては、ニコラスエドワーズの出来は良かったことに異論はありません。

私が一番引っ掛かるのが「ニコラスがプロであるということ」という点です。
のどじまんTHEワールドにアマチュア規定があるのかどうかはわかりません。
事実としてニコラスはほぼ毎回出場しているのですからプロだとしても出場に何の問題もないという判断なのかもしれません。

同じくのどじまんTHEワールドをきっかけにしてメジャーデビューを果たしたクリスハートやダイアナガーネットはここ最近出場していませんが、これはプロになったから出れなくなったのではなく、各自の判断で出場を辞退したのかもしれませんし、スケジュールの調整が難しくて出れないのかもしれません。
(余談ですがダイアナガーネットの新曲「Spinning World」が『NARUTO-ナルト-疾風伝』の新エンディングテーマに抜擢されたようですね。今まで歌うまタレント的な活躍しかみていなかったので歌手として認められたようでなんかうれしいです。)

「番組に出場している以上、当然優勝する資格だってあるだろ」
という意見があるだろうとは思いますが、個人的にはそれでも
「プロが優勝しちゃまずいだろ」
という気持ちになっちゃうんですよね。

他の出場選手が私と同じような気持ちを抱いたかどうかは不明ですが、プロとアマを同じ物差しで評価するのはいかがなものかと思ってしまうのは偏見なのでしょうか?


やらせを想起させるタイミング


2014秋に関していえば、放送されたのがニコラスの最新アルバム(2種)が発売される直前でした。
ということもあって、ニコラスが優勝したことは絶好のプロモーションとなったのは事実です。





やらせを強く主張したいわけではないですが今回に関していえば、
「タイミングが良すぎるな」
と感じたのは事実です。

実際にやらせがあったのかどうかはわかりません。
でもその可能性を残すような結果になったのも事実です。


最後に


個人的にはニコラスエドワーズの優勝が妥当だったかについては疑問が残るということを書いてきましたが、ニコラスが嫌いなわけではありません。

彼が毎回出場することに関して何の不満もありませんし、今後も楽しみな出場者の一人です。
ただ、彼がそうそう何度も優勝するのは歓迎できません。

優勝させてはいけないということでもないのですが、優勝するときには誰もが納得するほどの圧巻のパフォーマンスを予選・決勝共に披露できた時に限ってほしいと願います。
2014秋に関していえば、そこまでのパフォーマンスではなかったと思います。


次回の放送は「のどじまんTHEワールド2014 冬(聖夜)」になるかと思いますが、出場するとしたら彼がどんな選曲で臨むのか楽しみにしたいと思います。
そして視聴者が期待するようなパフォーマンスを見せてくれることを切望します。





おすすめ記事

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © のどじまんザワールドにはまってしまった私 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。