のどじまんザワールド 2014秋の感想【決勝編】 - のどじまんザワールドにはまってしまった私

おすすめ商品

のどじまんザワールド 2014秋の感想【決勝編】

引き続き「のどじまんザワールド 2014秋」の決勝戦感想をまとめたいと思います。
最後に全体的な感想も書ければと思います。

決勝戦進出者


決勝戦には以下の6名が進出しました。

ニコラス・エドワーズ 394点
テン・ブン・ソン・ジェレミー 391点
ダニエラ・アレハンドラ・ウルタド・マシア 391点
ジャエル・バスシーバ・ガッズデン 390点
ツィスマリ・クシュタシュヴィリ 389点
ダニエラ・レプレ 388点※

※ダニエラ・レプレとオマール・カバンが同点となり、ゲスト審査員による決選投票の結果ダニエラ・レプレが決勝に進出


決勝戦の歌唱曲・得点と感想


歌唱順に簡単な感想を書いていきます。

◆ダニエラ・レプレ I believe/絢香 389点
普通にうまかったですね。
ダニエラの場合は決勝のほうがよかったような気がしますが、何か特別なインパクトはなかったかなあ?
上手く表現できませんが優勝争いできるレベルには届いていなかった印象です。


◆ツィスマリ・クシュタシュヴィリ 糸/中島みゆき 388点
ツィスマリも同じですね。
予選の時と印象はそれほど変わらず、普通にうまいレベルの印象しか残りませんでした。


◆ジャエル・バスシーバ・ガッズデン LOVE LOVE LOVE/ドリカム 390点
やっぱりいい声してますね。
ただ予選の「レリゴー」のほうが良かったかな?
ここまでではトップの得点ですがこれで優勝はないかと感じましたね。


◆テン・ブン・ソン・ジェレミー 瞳をとじて/平井堅 395点
さすがの歌声でした。
AメロBメロは評価がわかれそうですが、サビの部分は伸びとハリのある声でほかのメンバーとは一味違うところを見せたという印象です。
この時点で今回も優勝はジェレミーで決まりかな?と感じました。


◆ダニエラ・アレハンドラ・ウルタド・マシア 亜麻色の髪の乙女/島谷ひとみ 392点
ダニエラの声は好きですね。
ただ、予選のパフォーマンスのほうが良かったと感じました。
個人的には選曲が合ってなかったというか、他の曲ならまた違ったパフォーマンスになったかも?という気がしないでもないです。
392点も高得点ですがジェレミーより得点が低かったのは納得です。


◆ニコラス・エドワーズ メロディー/玉置浩二 397点
結果的には最高得点を叩き出して優勝するわけなんですが、個人的にはジェレミーのほうが上だったと感じましたね。
上手く抑揚をつけて聴かせどころを作った感じですが、それでも予選曲のパフォーマンスのほうが私は好きでした。


ということで、常連ニコラスエドワーズが史上初3度目の優勝を飾り、のどじまんTHEワールド 2014秋はエンディングを迎えました。
SONG FOR JAPAN特別賞には、外国人らしからぬ極度の緊張の様子が周囲を和ませたジェイ・ブリトン(イギリス)が選出されました。


全体的な感想など


今回もあっという間に時間が過ぎ去っていき、番組は終了してしまいました。
ほんとに楽しい時間というのは過ぎ去るのが早いですね。

今回は出場経験者も持ち味を十分発揮したと思いますし、初出場者の中からも光るものを持った人が現れ、相変わらずハイレベルな大会となったのではないでしょうか?

今回は審査員の武田鉄矢がカギを握っていたのかもしれませんね。
コメントを聴いた感じでは彼は審査に独特のこだわりを持っていたように感じましたから。
単純に「上手い」というだけではだめで、日本語の言葉をどれだけ上手く表現しているかとかなんか難しいことおっしゃってたような気がします。
その評価が正しかったかどうかは別にして、武田鉄矢の琴線に触れた人が高得点を得られたということでしょうかね。

「ニコラスエドワーズの3度目の優勝はないわあ」と思いつつも、ニコラスの復活をアピールするかのようなパフォーマンスには大満足でした。
やっぱりニコラスは選曲で印象が大きく変わるなあ。
(他の人もそうなんですけどね。)



敢えてやらせを疑ってみる


今回に関して特にやらせを疑っているわけではないですが、穿った見方ができなくもないので敢えてやらせを疑ってみようかと思います。

やらせだという前提で番組をとらえた場合、今回考えられるのが
「ニコラスエドワーズのプロモーション活動だった」ということです。

10/8に2種類のニコラスエドワーズの最新アルバムがリリースされます。



このアルバムの売り上げを伸ばすためにはニコラスエドワーズに注目を集めなければならない。
ということで「のどじまんTHEワールド 2014秋」でニコラスが優勝すれば、おのずと注目されるだろうという考えがあってもおかしくないかなと思うんですよね。

別にのどじまんザワールドがニコラスのための番組だなんて思ってませんけど、毎回出演していてニコラス推しじゃないの?と感じることはこれまでに何度となくあったし、番組がプロモーションに協力してても不思議ではないです。


疑えば、怪しい点はほかにもあります。
それは決勝戦の歌唱順です。

予選の結果、得点上位6名が決勝に進出した場合、完全なる抽選か、あるいは予選成績の低い人から順に歌っていくのが恒例だと思うんです。
今回の決勝戦の歌唱順をみてみると、3人までは予選順位の下から順になっていますが、後半3人は順番が入れ替わっていますね。
そしてニコラスエドワーズが最後なんですよね。

ニコラスを優勝させようとする力が働いていたと仮定して番組の演出も考えれば、ニコラスが最後に逆転優勝ってのが一番劇的なわけで、今回その通りになっているから余計にそう思います。


とまあ、やらせを疑うとすれば根拠になりそうなものはこんなところでしょうかね?


私自身の気持ちとしては、やらせの有無はわからないけど、CDデビューしているプロの歌手であるニコラスエドワーズをそうそう何度も優勝させてはいけないと思うんですが…。
過去の優勝はデビュー前だったからいいとしても今後は、ねえ。
※のどじまんザワールドには唯一のレギュラーとして毎回出演してもらいたい気持ちはありますけど



やらせ議論はこの辺にして…


やらせ議論は結論が出ないのでこの辺にして、のどじまんザワールドの次回放送がいつになるか考えてみましょう。

今まで通りなら、12月24日前後の「のどじまんTHEワールド 2014冬(聖夜)」の放送となるのが濃厚ですね。
過去2年ともに放送されてますし、年末の特別番組枠にも組み込みやすいですからね。
土日の放送だと仮定すれば、考えられるのが12月の20日、21日、27日、28日のいずれかですね。

いずれにせよ、今回は半年ほど待たされましたけど、次回はあと2か月ほどで「のどじまんザワールド」を観られることになりそうです。
これはうれしいことですよね。

また放送情報が入ったら当ブログでお知らせしていきますね。

とりあえず、これで「のどじまんTHEワールド 2014秋」の感想とさせていただきます。
あとで気が付いたことがあれば加筆修正します。





おすすめ記事

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © のどじまんザワールドにはまってしまった私 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。